ニックスジャパン株式会社
サイトマップ 資料請求・お問い合わせ 
  ニックスジャパンの工事実行予算管理システム
ニックスジャパン株式会社
・ホーム
・工事実行予算管理システム
  ・概要
・システム全体の流れとご利用メリット
・帳票一覧
・導入・運用支援
・導入事例
・よくある質問集
・会社概要
・資料請求・お問い合わせ

野口社長のブログ
野口社長のブログ

資料請求はこちら
デモのお申込はこちら
ホーム > 工事実行予算管理システム

利益を生み出す視点を持つ

想定した利益を確実に生み出すために。
予算:出来高:原価を月ごとに対比。
金額に換算した工事の進捗状況を常に把握できるシステムがあります。
建設業界は今、予算の管理を正確に行わないと、利益が出せない構造になりつつあります。
長引く景気の低迷や競争の激化がその理由として考えられますが、工事における予算管理の曖昧さにも大きな要因があるのではないでしょうか。予定通りに工事が進んでいると思っていたら、締月になってから原価が予算を予定以上に上回っていた、などといった経験はありませんか?
本システムは、月ごとに分配した予算を出来高と原価で対比し、工事の進捗状況をグラフで表示。それにより、問題現場の早期発見を可能にします。予算、出来高、原価のバランスシートを常に把握することで、課題への対処を策定し、想定利益を確実に生み出すための工事進行を実現します。


工事実行予算管理システムの概要 (EVM:Earned Value Management)

本システムは、ユニットプライス型積算方式に対応し、さらにプロジェクトマネジメントの各手法を導入しています。
単に実行予算の作成だけにとどまらず、原価管理および全社の工事管理にも対応します。

●実行予算作成
まず、各工事において【工事】【工種】【種別】【細目】のWBS(ワークブレークダウンストラクチャー)を構築します。また、使用する各資源および資源単価を構築します。それらをもとにすべての代価表を作成し、積み上げていくことで実行予算(図.)を算定。これを金額ベースで月次展開させます。月ごとの予算と原価の対比を一目でわかるグラフによって表示し、差異分析を可能にします。

●工事日報作成
新たに、工事日報作成機能を追加しました。今回の機能追加で、出面帳から簡単にボタン操作でシステムに直接入力することにより、 工事日報を自動作成します。入力されたデータは、システムに取り込まれ、歩掛かり及び実績原価の原始データとして利用されます。

●現場原価管理
ここで言う原価とは、下請けが支払う取極金額ではなく、下請けが実際に使用する重機費用・労務費・材料費等です。各細目ごとに作成された代価表の資源をもとに日々の投入資源量を入力します。(入力は弊社にアウトソーシングすることもできます)これらを集計し、各資源の投入数量に実行予算の資源単価を乗じることで実際原価(図.)を算出します。取極金額と実際原価の差が、下請けの管理経費および利益となります。また、各細目ごとの出来高に進捗比率を入力することで出来高(図.)が計上されます。


●工事管理
上記現場原価管理における月次の予算、原価、出来高を例えば課単価に再集計さると各課としての実績となり、各課の集計が部としての集計となります。すべての集計を統合することで、全社の実績が常に把握できます。


日別損益計算書
毎日の作業毎の出来高、原価及び損益、並びに累計出来高、原価及び損益を表示します。日々の作業の問題点を明確に金額で表示します。


最終損益見込書
残数量に実績単価(原価)を乗じることによって最終原価を予測し、日々、最終損益を各作業毎に計算し、表示します。


実行予算に対する原価・出来高を日々算出して対比。工事進捗状況を常にモニタリングし、問題現場の早期発見を可能にします。

1.工事における【工事】【工種】【種別】【細目】のWBS(ワークブレークダウンストラクシチャー)と、使用する各資源および資源単価を構築し、実行予算(PV)を算出。2.各資源の投入数量に実行予算の資源単価を乗じることで実際原価(AC)を算出。3.各細目ごとの出来高に進捗比率を入力することで出来高(EV)を計上。PV、AC、EVの差異分析により、月次および任意の時点の金額に換算した工事の進捗状況が把握できます。
 
日別損益計算書
 
最終損益見込書
 

【本システムの活用例】
工事は予定以上に進行。一見、順調な進捗状況に思われますが、原価も予算もオーバーしています。このように、工事の進捗と原価を予算に対比させて見ることで、金額ベースでの工事進行が把握できます。 前日のデータをもとに対策を実施。余分に資源や労力を削減し、工事の進行を調整しました。それにより、予算に対する出来高と原価のバランスがとれ、真の良好な工事進行が実現されました。

このページのTOPへ 
Copyright c 1998-2020 NICSJAPAN,Co,Ltd All Rights Reserved.